キーワードは「ニュートラル」「ニュー」「ナチュラル」「ヌード」。

 

素の自分の声をきいてみよう。

今ここにいる私が、本当に大切にしたいこと。

大声で叫ぶことじゃないけれど、ささやかに、自分と向き合ったから気づく、自分だけの幸せ。

 

幸せは、「多い」ことにあるのだろうか。

物質的な豊かさを求めてきた今だから、「少ない」ことにその物語を見つけたくなる。

 

ただ多いか少ないかだけじゃない。

ものさしがあるとすれば、多いとか大きいとかどこにあるとか、ではなくて、それはひとりひとり違うものであって、それが「感じる」とか「気づく」とかそういう「自分だけの幸せ」なんだと思う。

 

幸せを考えるとき、いつも対極に置かれるのが、孤独だ。

でもその姿は、いろんな型にとらわれ、見えない糸にからめとられた私たちを解放し、導いてくれる。

ほんとうの孤独は、向き合うものではなくいつも寄り添ってくれていて、その存在に気づくことに、心豊かにすごすヒントが眠っている。

フラットな心で、感覚を研ぎ澄まして。ここにいるはずなのにつかめない自分に、耳を澄ます。

すべてを脱ぎ去った自分のなかに、まだ自分も知らない物語が眠っているかもしれない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この本棚の本

「新訳 弓と禅」オイゲン・ヘリゲル/魚住孝至 訳・解説

「「今、ここ」に意識を集中する練習」 ジャン・チョーズン・ベイズ

「孤独の愉しみ方」ヘンリー・デイヴィッド・ソロー

「あさ」谷川俊太郎+吉村和敏

「みみをすます」谷川俊太郎

「なにかいいこと」服部みれい

「フィンランド人が教えるほんとうのシンプル」モニカ・ルーッコネン

「センス入門」松浦弥太郎

「私のたしなみ100」大草直子

 

購入はこちらから→ ※準備中